掛持ちで働き残業代は? 他社の勤務が「先行」 通算すると8時間以上に

2013.06.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は飲食業で、所定労働時間は夕方から夜間に設定されています。従業員の1人について、「最近、午前中も仕事をしているようだ」という情報があります。通算で8時間以上働いても、当社は時間外割増を支払う義務を負わないと思いますが、いかがでしょうか。掛持ちで働いている他社の所定労働時間が、当社より早い(時間的に先行している)点が心配です。【東京・G社】

A

労働時間の先後問わない

 労働時間は、事業場を異にする場合も、通算する規定となっています(労基法38条)。「事業場を異にする」とは、事業主(会社)を異にするケースを含みます(昭23・5・14基発769号)。

 時間外・休日労働(36)協定の範囲内で、2事業場の合計時間が法定労働時間を超えることも可能です。割増賃金を負担するのは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月10日第2924号16面 掲載
ページトップ