正社員と計算方法同じか パートの解雇予告手当

2014.05.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 週2、3日の勤務で日給を支払うパートタイマーの解雇予告手当はどのように計算したらいいのでしょうか。正社員に比べて勤務日が少ない場合でも、原則どおり平均賃金をもとに計算して問題ないでしょうか。【徳島・J社】

A

労働日数で平均賃金算定 6割を「最低保障」に

 使用者が労働者を解雇する場合には、少なくとも30日前に解雇の予告をするか、予告をしない場合は平均賃金の30日分以上を解雇予告手当として支払わなければなりません(労基法20条)。予告期間の計算は民法の一般原則により、解雇予告がなされた日は算入されず、その翌日から計算されます。また、30日間は労働日でなく暦日で計算されるので、その間に休日または労働日があっても延長されません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年5月15日第2210号 掲載
ページトップ