保護撤廃で配慮不要か 女性を深夜業に配置

2013.10.07
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 放送番組の制作会社ですが、20年ぶりに女性のディレクターを採用しました。この間に労基法が大きく変わり、女性も業種を問わず深夜業が原則解禁されたそうですが、幼い子供のいる母親などに対しても、本当に何らの配慮もしなくてよいのでしょうか。【秋田・M社】

A

就業環境の整備は必要

 労基法は平成11年に女性労働者の時間外・休日労働制限と深夜業禁止の諸規定を撤廃しました。もっとも放送番組制作に携わる労働者は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月7日第2939号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ