児童労働等はどう規制 国際基準との関係

2017.11.16
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 「児童労働」が世界的な問題になっていますが、日本の労働法ではどのように対応しているでしょうか。【沖縄・H社労士】

A

ILO条約に準じ年齢制限

 児童労働の撤廃に向けては国際労働機関(ILO)が定めた条約があります。また、児童労働による生産品の購入を拒絶し、啓蒙活動等を行うNGOも存在します。

 「最低年齢条約(ILO第138号)」では労働が許容される最低年齢を「義務教育修了年齢後で原則15歳」とし、危険有害業務については18歳未満の労働を禁止しています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月13日第3136号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ