延長の特例は使える? 年少者を雇用時に 他シフト免除し調整なら

2020.08.07 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は小売業で、短時間のアルバイトの中には、諸般の事情で高校に通っていない年少者もいます。労基法を調べたところ、「労働時間を10時間に延長する」特例があるようです。上司は、「突発的な事情で勤務時間を延長した場合、他のシフトを免除すれば、この規定の条件を満たすのではないか」といいます。本当に、そうした運用が認められるのでしょうか。【岡山・U社】

A

予め就業計画提示が要件

 労働時間については、労基法32条で原則を定め、32条の2以下で変形労働時間制その他の取扱いを定めています。しかし、18歳未満の「年少者」に対しては、原則として以下の規定を適用しないとしています(労基法60条1項)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年8月10日第3268号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ