妊産婦の就業制限したい 有害なガスや粉じん発生

2016.08.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 妊産婦に就かせてはいけない業務を確認しています。就業規則に「有害物のガス、蒸気または粉じんを発散させる場所における業務」と規定していましたが、具体的な範囲が明確ではありませんでした。法では制限される範囲をどう定めているのでしょうか。【茨城・R社】

A

26の化学物質が対象 「女性」はすべて禁止

 労基法64条の3で、使用者は、妊娠中の女性および産後1年を経過しない女性(妊産婦)を、重量物を取り扱う業務、有害ガスを発散させる場所における業務その他妊産婦の妊娠、出産、哺育等に有害な業務に就かせてはならないとしています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月1日第2263号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ