産後6週未満で就労は? 管理監督者が妊娠した

2016.01.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社で管理職の女性が妊娠しました。労基法上の「管理監督者」は、労働時間や休日などの規定が適用されません。一般の女性は産後6週間を経過したときに、医師が認めてはじめて就労できるはずですが、管理職であればそれより前から働いたとしても問題はないのでしょうか。【和歌山・L 社】

A

一般労働者と同様に禁止 適用除外項目に含まない

 労基法41条では、事業の種類にかかわらず監督もしくは管理の地位にある者について、「この章(第4章)、第6章及び第6章の2で定める労働時間、休憩及び休日」に関する規定は適用しないとしています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月15日第2250号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ