管理監督者の残業免除? 衛生管理者が妊娠

2017.06.13
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の衛生管理者の女性が妊娠しました。役職手当を支払い、時間外割増手当等は支払っていません。待遇面では管理職並みですが、残業免除の請求があったときに、どのように考えるべきでしょうか。【静岡・I社】

A

請求あれば深夜業不可 41条と資格有無連動せず

 事業者は、衛生管理者(安衛法12条)に対し、衛生に関する措置をなし得る権限を与えなければなりません(安衛則11条)。衛生に関する業務(安衛法10条1項)には、作業環境の衛生上の調査、作業条件、施設等の衛生上の改善、保護具、救急用具等の点検などが含まれると解されています(昭47・9・18基発601号の1)。

 役職手当を支払い、時間外割増賃金はなしということですが、2とおりの考え方があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月15日第2284号 掲載
ページトップ