半分出勤で受入制限なし? 日数限定業務の解釈 勤務日を調整したら

2018.11.23
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 派遣の期間制限について質問です。当社は娯楽施設で通年営業を行っています。パート社員のほかに、週2・3日勤務(週7日の半分以下)の派遣社員も受け入れています。役員から、「日数限定業務ということで、期間制限の対象から外せないのか」という意見が出されています。どのように回答すれば良いのでしょうか。【大阪・C社】

A

業務分割する形はダメ

 平成27年9月に施行された派遣法では、「事業所単位」と「個人単位」の2種類の期間制限を設けています。ともに3年が上限ですが、事業所単位は所定の手続きを経ることで延長が可能です。

 ただし、派遣労働者が①無期雇用労働者、②60歳以上の高齢者である場合のほか、次の業務に関して派遣を受ける場合も期間制限の適用がありません(派遣法40条の2)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年11月26日第3186号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ