2013春闘 中堅・中小に期待膨らむ 金属大手がほぼ満額 電機は「産別最賃」引上げ

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「労使自治」を危ぶむ声も

 大手金属メーカーの春闘交渉が賃金・一時金ともほぼ要求どおりで妥結し、今後の中堅・中小交渉へ向け労働側の期待が膨らんでいる。一時金の満額・増額回答が多かった自動車をはじめ、「賃金体系維持」と「一時金ミニマム4カ月」のスト回避基準をクリアした電機に至っては、経営側に「違和感がある」とまで言わせた産別最賃の引上げ要求でも有額回答を獲得。ただ、安倍首相による報酬引上げ要請が影響した感もあり、「労使自治」への介入を危惧する声も上がっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月25日第2914号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ