年間一時金160~170万円 15春闘で基幹労連

2014.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 基幹労連は、2年サイクル運動の中間年に当たる15春闘で、年間一時金と格差是正を中心に取り組む。前者は「160~170万円」とし、月数要求の場合は「5カ月」を基本とする方向だ。

 年次有給休暇の初年度付与日数20日以上などに取り組む格差是正では、中小組合の賃上げも一つの焦点。「大手総合組合のサポートが重要」と話す工藤智司中央執行委員長の思いの具現化に注目が集まる。

関連キーワード:
平成26年12月15日第2997号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ