ブレックス・ブレッディ事件(大阪地判平18・8・31) 業務委託の元店長は労働者? 割増賃金支払うか 使用従属関係認められない

2007.04.09 【判決日:2006.08.31】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 フランチャイズ方式でパンの製造販売を行う店舗の管理運営を業務委託契約で行い、体調を崩し退職した元店長が、労基法上の労働者であるとして最賃法の適用や割増賃金の支払い等を求めた。大阪地裁は、労務提供の実態に照らすと、業務遂行上の指揮命令があったとはいえず、使用従属関係にはないと認定、労基法上の労働者には当たらないとして、請求を棄却した。

労務提供の実態で 指揮命令及ばない

筆者:弁護士 岩本 充史

事案の概要

 被告Y1と被告Y2は、Y2を加盟店とするフランチャイズ契約を締結した。原告XはY2と業務委託契約を締結し、Y2がフランチャイズ契約に基づいて運営する店舗の店長として就労したが、体調を崩し退職。その後、Y2の事業所で使用され、賃金を得ていたのであるから労基法上の労働者に当たるとして、次の請求を行った。

 (1)Y2に対して①最低賃金法に基づく最低賃金から既払額を控除した残額、②時間外、休日割増賃金、③①、②の合計額と同額の附加金、④慰謝料、弁護士費用等の金額。

 (2)Y2とY2の取締役C、DとY1に対する損害賠償請求。

判決のポイント

 本件における争点は多岐にわたるが、XがY2との関係で労働基準法上の労働者に当たるか否か、すなわちY2とXとの間の、使用従属関係の存否について、判決は次のとおり判断した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成19年4月9日第2628号14面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ