即戦力の敏腕営業採用、期待外れと年俸半分に 退職と二者択一で減額無効 ニチネン事件(東京地判平30・2・28)

2018.10.11 【判決日:2018.02.28】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中途採用した約3カ月半後、営業成績を理由に年俸を半額にする同意を得たとする会社に対し、元営業マンが差額賃金を求めた。東京地裁は、会社側は面談で「すぐに解雇できる」と発言したうえで、「退職か給与半額か」の結論を翌日に出すよう迫ったとして、同意が自由意思に基づくとはいえないとした。退職を回避するため、やむを得ず減額を受け入れたとした。

猶予期間は“1日” やむなく本人同意

筆者:弁護士 牛嶋 勉(経営法曹会議)

事案の概要

 被告会社との間で雇用契約を締結し、平成26年10月14日から被告の営業所で就労していた原告は、平成27年2月支給分の給与から賃金を減額され、同年7月20日に被告を退職した。原告は、①被告から退職(解雇)か給与半減かの二者択一を迫られ、本件賃金減額に同意せざるを得なかったものであり、同意は自由な意思に基づいてされたものでなく、本件賃金減額は無効であるなどと主張して、未払賃金等の支払いなどを求めるとともに、②被告の一連の行為は、退職強要に該当し、原告は、退職強要がなければ、退職日後も少なくとも同年10月20日まで被告において就労し、その間の給与を得ることができたなどと主張して、不法行為に基づき、上記期間の賃金相当額等の支払いを求めた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月15日第3180号14面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ