KDDI事件(東京地判平30・5・30) 手当を騙し取ったと懲戒解雇、退職金もゼロに 故意に不正受給し解雇有効

2019.02.21 【判決日:2018.05.30】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 子の別居を届け出ず単身赴任手当等を不正受給したとして、懲戒解雇された女性が地位確認等を求めた。東京地裁は、3年以上で400万円超の損害が生じ、雇用継続の前提となる信頼関係を回復困難な程に毀損したと判断。規程などから変更の届出が必要なことは認識できたとして、虚偽の申告を故意と認めた。謝罪や弁償もなかった。退職金は勤続の功を勘案し6割を不支給に。

謝罪や弁償もなく 「勤続の功」6割減

筆者:弁護士 渡部 邦昭(経営法曹会議)

事案の概要

 K社(KDDI株式会社)は、電気通信事業法に定める電気通信事業等を業とする会社である。甲は、昭和60年4月、K社の前身会社(KDD)に就職、その後、吸収合併を経たK社と期間の定めのない雇用契約を締結し、平成27年11月18日、本件懲戒解雇されるまで総合職の正社員として職務していた。

 甲は、平成24年10月1日、東京都多摩市にあるK社事業所に異動し、同月30日、K社の借上げ社宅(単身者用マンション)に入居、その後、同社宅にて長女と同居を再開した。

 K社は、①甲が長女と別居していた平成24年4月から同年12月までの期間、別居の届出を行わず、住宅手当を受け取っていたこと、②社宅への入居時期、長女は大学の関係で練馬区の自宅に残ると虚偽の申告をし、甲の入居が単身赴任に該当するかのようにK社を誤信させ、単身赴任手当、本人赴任手当、帰省旅費を不正に受領し、社宅使用料の支払い等を不正に免れたこと、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月25日第3198号14面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ