都市開発エキスパート事件(横浜地判平19・9・27) 組合未加入を理由に「賃金減額」協約の無効主張 出向元が“一の工場事業場”

2008.03.17 【判決日:2007.09.27】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働組合への未加入を理由に、賃金減額について締結した労働協約の適用を否定し、未払い賃金を定年退職後に請求した事案。横浜地裁は、出向先の各事務所には独立性がなく、労働協約の一般的拘束力が及ぶ「一の工場事業場」を、賃金支払い義務を負っていた出向元本社と認定、請求を棄却した。賃金減額にも一定の合理性があるとした。

一般的拘束力及ぶ 「先」に独立性なし

筆者:弁護士 緒方 彰人(経営法曹会議)

事案の概要

 被告は、主に都市整備公団(後の都市再生機構)から工事監理業務等を請け負う㈱都市開発技術サービス(TGS)の子会社として設立された株式会社で、土木・建築および造園工事等の設計・施工等の業務に関する請負・受委託を主な業務としている。本社以外には支店、営業所等はなく、TGSとの間で出向協約を締結し、平成18年3月末現在で在籍役員・従業員50人のうち4人を除いてほぼ全員がTGSに出向している。出向協約によれば、出向者の給与は被告の基準に基づき支給するものとされ、被告本社においては賃金の支払い・事務等と、出向させるための事務も行っていた。

 原告は昭和58年5月、TGSに入社し、被告に出向中の平成13年7月に他のTGS社員8人とともに被告に転籍となり、原告を含む転籍従業員全員がTGSの運営する工事事務所に出向し、工事監理業務等を行った。

 しかし転籍受入直後より、被告は転籍従業員の賃金を一方的に減額したため、原告を除く転籍従業員は労働組合を結成し、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成20年3月17日第2673号14面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ