わいわいランド事件(大阪地判平12・6・30) 就労前の雇入れ解消は解雇権の濫用となるか? 通知書交付段階で契約成立

2001.04.02 【判決日:2000.06.30】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

配置転換、補償等 回避への努力欠く

筆者:弁護士 岩本 充史

事案の概要

 Yは、Zとの間でZの福利厚生施設である保育ルームの保育業務委託契約の成立を見込んでX1、X2のトレーナーとしての就職を勧誘し、承諾の返事を受け、平成11年3月27日、仕事内容、勤務時間、賃金等を記載した雇入れ通知書を交付した。

 X1は4月6日、X2は同8日に出勤したところ、Y代表者から就職の話は無かったことにしてくれといわれた。そこでXらは本件各告知は違法な解雇にあたるとして、不法行為及び債務不履行に基づく損害賠償(得べかりし賃金の1年分)及び慰謝料の支払いを求めた事案である。

 本判決は、Xらの請求の一部を認容した。

判決のポイント

 本判決の争点としては、①XらとYとの間に雇用契約が締結されたといえるか否か、②雇用契約が成立していたとして、Yの意思表示が解雇の意思表示ということができ、当該意思表示は濫用といえるのか、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成13年4月2日第2339号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ