F製薬事件(東京地判平12・8・29) セクハラ行為を理由に適格性に欠けると普通解雇 反省の色なく合理性認める

2001.08.13 【判決日:2000.08.29】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

身体への接触なく言葉だけでもダメ

筆者:弁護士 石井 妙子(経営法曹会議)

事案の概要

 Y社は、労働組合から、管理職であるXについてセクハラ行為があるとの申し出を受け、調査の後、セクハラ行為を理由に、管理職のみならず従業員としても適格性がないとしてXを通常解雇(普通解雇)にした。

 問題とされた行為は、部下の女性複数名に対して執拗にデートに誘う、担当でない部下に業務出張を命じてこれに同行しようとし、「2人で宿をとろう」などと言う、部下の男性社員に「俺に女を紹介したら管理職にしてやる」などと言うといった行為である。

 Xは解雇事由に該当するような行為はなかったとして争い、仮に解雇事由があったとしても、いきなり解雇するのは相当性を欠く等として解雇の無効を主張し、地位の確認と賃金および慰謝料の支払いを求めて提訴した。

判決のポイント

 1 Xは食事に誘ったこと自体は否定しなかったが、それは仕事に対するねぎらいや、あるいは良好なコミュニケーションを図るためであり、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成13年8月13日第2356号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ