機械の油汚れ除去したい 有機溶剤を使って作業

2013.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 シンナー等の溶剤を使って、鉄部品の油を取り除く方法と注意点を教えてください。当工場は、中小規模で運営している機械部品の事業場です。昨年4月に入社した新人をはじめ、入社年次が若い者が多く働いているため、できるだけ分かりやすく説明してください。【静岡・T社】

A

毒性強く引火しやすい 局排装置の設置忘れずに

 まず、鉄部品から油を取り除くことができる溶剤のことから話しを進めていきましょう。この溶剤は、有機溶剤と称し種類が多くありますが、溶剤として存在し、容器にこの溶剤を流し込み、その中に部品を投入しハケなどの手作業で油を取り除きます。溶剤の一般的な性質は次のとおりです。

 (1)部品に付着した油を取り除きやすい。
 (2)溶剤は引火性のものが多くあり、マッチやスパーク等の火が近づくと、溶剤から蒸発した気体に引火して、火災が起こることがあります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月15日第2178号 掲載
ページトップ