新任者がやるべき業務は 中小規模工場の衛生管理

2014.04.01
Q

 最近、安全課に配置替えされ衛生担当になりました。労働衛生のあらましと、日常業務で何をすべきか教えてください。当工場は従業員約150人の中小規模の事業場です。【青森・T生】

A

衛生工学と保健衛生が柱 年間計画を作成して実施

 職場の衛生管理を2つに大別すると、ひとつは、粉じんや騒音などの有害因子が発生する場所で働く社員をじん肺や難聴などの健康障害からどのように防ぐかということ。もうひとつは、そこで働く社員の健康をどのように維持、増進させるかということです。前者を衛生工学、後者を保健衛生と呼んでいます。まず、それぞれのあらましを説明します。

1.衛生工学関係

(1)粉じん
 アーク溶接を行うと、ヒュームという粉じんが発生します。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成26年4月1日第2207号
ページトップ