シンナー使用の注意点は 油除去作業で頻繁に使用

2015.08.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 工場内で、大型の洗面器内にシンナーを入れ、鉄製品に付着した油を除く作業をしているのですが、どんなところに注意して作業をしたら良いのかお尋ねします。当作業場は、中小規模の大きさで、従業員が50人ほど働いていて、鉄部品を作っています。【鹿児島・O社】

A

蒸気吸引しない対策を 引火による火災にも注意

 シンナーは有害性のある有機溶剤の一種です。シンナーから発生する蒸気を吸い込むと中毒を起こすという特徴があります。こうした中毒を起こさないために、次のような対策が考えられます。

<対策1>

 容器に入れた有機溶剤から蒸気が発生するので、その前で部品を洗う場合、その蒸気を吸わない方法をとります。その方法は次のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年8月15日第2240号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ