木工粉じんを除去したい 吸い込むと健康に悪影響

2013.06.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は家具を作るメーカーで、丸のこ等の木工機械で木材を加工しており、稼働中は、切削による粉じんやソーダストで、前がみえないくらいに視界が遮られています。この状況を改善するために、どのような方法があるのか教えてください。【埼玉・T社】

A

局排装置で屋外に排出 作業環境測定し効果確認

 丸のこ等の木工機械の稼働で発生するソーダストは、空中に舞い上がって、呼吸域から上に上がっていくもの、あるいは床面に落ちるものがあります。機械を操作する人、または工場で働く人の鼻や口に入り、呼吸器官に吸い込まれ、肺に達し、何らかの健康影響をもたらすことになります。健康への影響を小さくすることが、改善対策の主な目的です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月15日第2188号 掲載
ページトップ