感染症予防への配慮とは 海外出張・赴任に際して

2018.08.27
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 中小企業ですが、おかげさまで仕事が拡大し、海外進出を検討することになりました。社員に対して海外出張や近い将来赴任をさせようと考えていますが、衛生面からの配慮にはどのようなものがあるでしょうか。【神奈川・A社】

A

渡航前後には法定の健診 接種等を追加する企業も

 海外派遣は経済のグローバル化に伴って増えており、こういった相談も増加しています。衛生問題は感染症のほか、生活の変化による生活習慣病やメンタル面の障害もあります。早めの対応で未然防止につなげるのは安全配慮義務の一環といえます。

 法律では海外に6カ月以上滞在する労働者に対して、その前と帰国後に健康診断を受けさせることを事業者に義務付けています(安衛則45条の2)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年9月1日第2313号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ