手指のしびれを防ぎたい 振動工具を多用する職場

2014.09.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 コンクリート製品を作っている職場ですが、仕事の過程でコンクリートブレーカーなどの振動工具を使用します。この振動工具を取り扱う人から、時々手がしびれるなどの苦情が出ています。この症状をどのように改善したらよいか、方法を教えてください。【静岡・F社】

A

強度やばく露時間減らす 道具の選択、使用に工夫

 振動が発生するエネルギー源には、電気や圧縮空気が関係し、それらの発生源から生ずる振動には周波数、強さ、およびばく露時間の長さなどがあります。この3つの要因を可能な限り小さくすることが対策の鍵になっています。

 振動工具は、作業者の手腕に支えられ、振動エネルギーはそこから体全体に伝わり、血液や体液、骨、神経などに影響を与えます。それゆえ手指に流れる血液が流れにくくなり、果てはしびれる症状が出てきます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月15日第2218号 掲載
ページトップ