振動工具扱う際注意点は 手や腰をいためる人多い

2014.01.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当職場は、ピッチングハンマー等の振動工具を使用しての作業が多く、手指がしびれたり、または工具の重さで腰をいためたりして、医療機関に行く人が多くなっています。この状態を改善するために何か対策がありましたら教えてください。【秋田・M社】

A

長時間の作業極力避ける メンテナンスもこまめに

 かつては立木の伐採の現場において、立木をチェーンソーで切断するときに手指が白色になってしまう「白ろう病」多く発生していました。現在はボルトやナットを締めつけるインパクトレンチや生コンクリートを固めるために使用する、バイブレーションシャー等、職場で使用する振動工具の種類が多くなっています。

 まず、振動工具を使用する場合、操作者の健康にどのような影響を与えるかを考えてみます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年1月1日第2201号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ