危険予知訓練の留意点は 粉じん多く出す溶接現場

2016.01.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当工場では、15台のアーク溶接機で鉄筋容器を作っています。作業開始から1時間ほど経過すると、ヒューム粉じんが多く発生します。衛生管理の観点から、危険予知訓練(KYT)における改善のポイントを何にしたらよいか教えてください。【三重・S 社】

A

肺や聴覚の健康障害対策 マスク着用や防音を徹底

 アーク溶接作業で発生するヒュームは、顕微鏡でみると鋭利で尖った刀のようになっています。体内に入ると、肺に突き刺さり、肺がんなど重篤な健康障害につながりますので、その除去が最大のポイントになるでしょう。KYTの基本4ラウンドに沿って説明します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年1月1日第2249号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ