熱中症どのように防ぐか 作業環境を調べる方法も

2014.07.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 毎年夏に気温が高くなると、職場で働いている人が熱中症になり、病院に運ばれる社員が多くなることが新聞やテレビでみかけますが、熱中症がなぜ起こるのか、また、熱中症を防ぐためにどんな手立てがあるのかを教えてください。【山形・S社】

A

WBGTメーターを活用 こまめな休憩で作業短く

 高温多湿な夏の季節になると、高温の作業環境下で働く作業者の体温調整がうまくいかず、体内の水分および塩分のバランスが崩れて体調を崩す状態である熱中症になります。職場で熱中症になる理由をいくつか挙げてみます。

(1)作業する場所の気温が高い
 作業場所によっては、40度を超えることもあります。

(2)

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年7月15日第2214号 掲載
ページトップ