聴力障害防止の有効策は 金属部品製造で騒音発生

2017.10.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当事業場は、金属部品を製造する中規模の職場ですが、部品の検査や組立てなどの作業で、高い騒音が発生しています。定期の健康診断の実施結果で、聴力が低下している作業者がいることが分かり、聴力を回復するためには、どのような改善をしたら良いのかお尋ねします。【静岡・T社】

A

「低レベル・短時間化」を 未然防止が必要不可欠

 職場では、騒音の発生が多く存在しています。騒音は、人に不快感を与えるほか、会話や連絡合図などを妨害し、安全の妨げになることも少なくありません。生理機能にも影響し、騒音性難聴の原因になるので、できるだけ騒音を抑制し、作業者の騒音ばく露を少なくすることが大切です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年11月1日第2293号 掲載
ページトップ