熱中症を防ぐ方法教えて 高温環境下での作業が主

2015.05.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は鉄素材を炉で高熱にし、加工している工場ですが、作業をするうえで熱中症にならないための方法としてどのような対策をしたらよいのか、分かりやすく教えてください。【山形・T社】

A

WBGT活用し現場改善 作業の強度別に指数測定

 人は高温の作業環境の中で長時間働くと、体から水分が蒸発し、器官機能が弱くなり、血液の流れや神経に変化が起こり、遂には死に至るケースも出てきます。また高温でなくても湿度が高いと、適度な汗の蒸発が妨げられて体温が下がらず、熱中症にかかりやすくなります。熱中症を防ぐには、気温を低めにおさえ、作業時間を短くして、かつ高湿度が体に与えるエネルギーを小さくすることがもっとも効果的です。作業環境を改善する具体的な方法は次のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年5月1日第2233号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ