騒音リスク評価どうする 従業員の聴力喪失防ぎたい

2013.10.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当工場は機械部品を加工する作業が多く、かなりレベルの高い騒音が発生していて、健康診断でも聴力低下を示している人が多くいます。騒音作業のリスクアセスメントをしたいと考えていますが、どんな方法でやったら良いか教えて下さい。【埼玉・F社】

A

音量と労働時間減らす 対策の優先順位を決める

 職場で発生する騒音は、その大きさが大きいほど、また、騒音下で働いている時間が長いほど難聴になります。そのために、どうしたら騒音の大きさを小さくし、また、騒音下での働く時間を短くすることができるかを調べることが、リスクアセスメントの目的です。働く人の聴力を低下させないための2つの重要な要素を説明します。

1.騒音レベル、騒音の大きさ

 聴力に影響する騒音の大きさは、85デシベル(db)を警戒レベル90dbを危険レベルと決めており、まずはそのレベル以下にすることになっています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月1日第2195号 掲載
ページトップ