社用車での事故防ぐには 運転中の疾患発生を懸念

2019.02.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 バスの運転手が健康問題で事故を起こしているニュースを時々耳にします。当社でも営業などで従業員が社用車を長時間運転しますが、同じような事故が起こらないか心配です。どういったことに注意したら良いでしょうか。【栃木・O社】

A

健診活用等でリスク軽減 まめに声掛けし状態把握

 体調不良や病気が原因で起きる交通事故を“健康起因事故”といいます。突然の発作で意識を失ったり、痛みでハンドル操作ができなくなって人込みや壁に激突する事故等があります。これらの中には防ぎようのない事故もある一方で、ある程度予見でき対策が可能なものもみられます。

 国土交通省「事業用自動車の運転者の健康管理マニュアル」によると、運転に影響する主な疾病として、脳血管疾患、心臓疾患、眼疾患、神経疾患、睡眠障害、呼吸器系疾患、精神疾患などが挙げられています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年2月1日第2323号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ