聴力低下リスクどう特定 騒音生じる金属加工業

2015.07.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の工場では、金属部品を加工しています。リスクアセスメントを実施する際に、発生する騒音や粉じんのリスクなど、職場にある有害性の特定をどのように実施したら良いのか教えてください。【福島・S社】

A

音量とばく露時間が目安 国際基準に基づいて判断

 ご質問の工場では、金属部品の加工や研磨で発生する騒音を特定の対象にするのが適当でしょう。その方法は次のとおりです。

 (1)普通騒音計を使用し、研磨者の耳近くで騒音レベルを測定する。

 (2)測定した騒音の大きさが、どの程度体に影響するのかを調べる。

 測定した騒音レベルが…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年7月15日第2238号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ