職場の有害因子知りたい 作業環境改善するには?

2013.07.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 職場で事故が起きると、なぜ事故が起きたのか等その原因を調べることになりますが、現場で働いていた被災者がどのような作業環境であったのかを問われることになります。作業環境を改善するということは具体的にどのようなことなのか教えてください。【福岡・T社】

A

粉じんや騒音で健康被害 熱中症対策は万全に

 職場で仕事をしているときに発生する粉じんを空気と一緒に吸い込んだり、または騒音によって耳が聞こえにくくなる等、職場環境により健康に悪影響を及ぼすことがあります。夏場は熱中症も心配です。これらの有害因子がきっかけとなり、場合によっては長期間休養することも考えられます。粉じん等の健康被害の影響の程度を探ってみます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年7月15日第2190号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ