EAP依頼のメリットは ストレスチェックを活用

2019.08.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 職場のメンタルヘルス対策としてストレスチェックの導入を予定していますが、規模が小さな会社で産業医が常駐していません。実施結果をどのように活用すべきか迷っているところですが、ある方から「EAP」の活用も有効ではないかというアドバイスを受けました。名前を聞いたことはあるのですが詳しく知らないので、どういうものなのかを教えてください。【東京・K社】

A

中立的なアドバイス可能 機関により特徴さまざま

 「EAP」とは、英語“Employee Assistance Program”の略語で、「従業員支援(援助)プログラム」と訳されます。専門の機関が企業等と契約し、従業員のカウンセリングや休職者の復職支援、職場環境改善のアドバイスなどを行っています。

 もともとはアメリカで、従業員の薬物やアルコールへの依存症を解決するプログラムとして、1940年代頃に導入が進んだものであると言われています。現在ではその対象はメンタルヘルス関連のみならず、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年8月1日第2335号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ