法定雇用率の対象か 発達障害者を採用すると

2015.06.08
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 一昨年に法定雇用率が上がり、今年からは従業員が100人を超える企業も障害者雇用納付金の対象になるなど、障害者雇用の必要性が年々高まっている感がありますが、最近「発達障害」という言葉をよく耳にします。この発達障害があるとされる人を採用した場合、障害者雇用率の算定やそれに伴う納付金や奨励金にどう影響してくるでしょうか。【福井・O社】

A

手帳保持者は雇用率に算入

 発達障害とは通常低年齢において発現する脳機能障害で、いわゆる自閉症やアスペルガー症候群、学習障害などがあります。障害者雇用促進法では…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年6月8日第3020号16面 掲載
ページトップ