退職再雇用の扱いは? 精神障害者に算定特例

2018.02.28
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 短時間働く精神障害者を、障害者雇用率の計算等で「1人」とカウントする特例が設けられたと聞きました(本紙平30・1・22付3145号1面)。退職後3年以内に雇用された者は除く、とあります。グループ会社で再雇用した場合も対象外でしょうか。【新潟・B社】

A

グループ会社は同一扱いも

 要件の1つに「新規雇入れ(精神障害者保健福祉手帳の交付日)から3年以内の者」があります。障雇法の施行日である平成30年4月時点で入社していても、3年を経過するまでは特例の対象になり得るとしています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月26日第3150号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ