法改正で何が変わるのか 精神障害者の雇用義務化とは

2013.09.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労働関係の専門紙で、「精神障害者の雇用義務化」を目指して、法改正が実施されるという記事を読んだ記憶があります。結論的には、どうなったのでしょうか。「雇用義務化」とはどういう意味なのでしょうか。【東京・W社】

A

法定雇用率の算出方法変更 施行後5年かけて漸減

 障害者雇用促進法の一部を改正する法律は、平成25年6月19日に公布されました。重要なのは、次の2点です。

① 障害者に対する差別の禁止・合理的配慮の提供等(平成28年4月1日施行)…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年9月15日第2194号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ