親会社不採用は差別? 特例子会社がある場合

2017.03.17
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

障害者が就業できる業務に特化した特例子会社を設立し、企業グループ全体で障害者雇用率の向上を図っています。先日求人を行ったところ、親会社に就職を希望している障害者の方がおられることが判明しました。当社としては働きやすい特例子会社のほうを勧めたいと考えていますが、こうした対応には問題があるでしょうか。【富山・C社】

A

障害を理由に応募拒否不可

 障害者雇用をめぐっては、障害者への差別禁止および合理的配慮の提供が事業主に義務付けられ…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年3月13日第3104号16面 掲載
ページトップ