法定率達成で報奨? 障害者雇用の推進施策

2018.06.26
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 法定雇用率を超える人数の障害者を雇用すると、インセンティブがあると聞きました。どのような制度なのでしょうか。【福岡・T社】

A

調整金支給の制度あり

 障害者の法定雇用率が今年4月に引き上げられ、民間企業は2.2%、国や地方公共団体は2.5%、都道府県等の教育委員会は2.4%となりました。3年後までにはさらに0.1%の引上げが予定されています。

 法定雇用率を達成できないと、常時雇用する労働者が100人を超える事業主は不足する人数1人につき月額5万円(労働者数200人以下は4万円に減額の特例あり)の障害者雇用納付金を納付しなければなりませんが(障雇法53条)、逆に法定雇用率を上回る人数の障害者を雇用した場合には、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年6月25日第3166号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ