パート社員はどう計算? 法定雇用率達成めざす

2018.04.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 法定雇用率を達成するため、障害者の新規雇用を検討しています。当社事務所では、多数のパートタイマーが働いています。パート契約で障害者を雇った場合、雇用率の計算はどうなるのでしょうか。【埼玉・U社】

A

短時間は0.5換算 精神障害者「1」の特例

 一般事業主の雇用義務について、障害者雇用促進法では「雇用する対象障害者である労働者の数が、その労働者の数に障害者雇用率を乗じて得た数以上であるようにしなければならない」と定めています(43条1項。平成30年4月1日改正)。

 対象障害者とは、「身体障害者、知的障害者または精神障害者(精神障害者福祉手帳の保持者)」と定義されています(障害者雇用促進法37条)。

 実雇用率の算定式は、下記のとおりとなります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年4月15日第2304号 掲載
ページトップ