常に2人分カウント? 重度障害者を雇った場合

2014.03.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 社員が100人前後の会社で、来年の4月から障害者雇用納付金の対象になる可能性があるため、今から障害者の雇用状況を見直しています。確か重度の障害者は1人につき2人としてカウントされると記憶していますが、企業規模や雇用率などあらゆる計算で適用されるのでしょうか。【佐賀・D社】

A

実雇用率の計算で適用

 障害者雇用納付金は、障害者の実雇用率が法定雇用率に満たない事業主に納付を義務付けられています。原則として、一般の民間企業の法定雇用率は現在2.0%です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月10日第2960号16面 掲載
ページトップ