障害者雇用 短時間の精神障害者のカウントは

2018.01.11
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

4月から障害者雇用率の引上げとともに、精神障害者が対象に含まれることになるといいます。週の所定労働時間が短い短時間労働者として雇用したときのカウントですが、身体障害者、知的障害者を含め、どうなっているのでしょうか。

A

障害者雇用促進法43条では、雇用する労働者数に、障害者雇用率(平成30年4月から民間企業は2・2%、障雇令9条、障雇令平29附則2)を乗じた数以上であるようにしなければならないとしています。

法43条3項で、短時間労働者について規定しています。短時間労働者は、0・5人(則6条)とカウントします。短時間とは、週30時間未満とされています(平6・3・8労働省告示12号)。厚労省「障害者雇用実態調査」等では、週所定労働時間が20時間以上30時間未満を短時間労働者としています。

そのうち精神障害者で雇入れの日から起算して3年を経過するまでの間にある等の要件を満たす場合に、0・5人から「1人」へ引き上げる方針が示されています。

ショート実務相談Q&A 掲載
ページトップ