会社休業を年休処理? 事故発生しやむを得ず 「請求余地ない」と聞く

2016.08.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 突発事故で2日間稼働できない状況が発生し、対応担当者を除き、休業とせざるを得ませんでした。直前の決定だったので、年休申請が間に合いませんでした。後日、「年休に切り替えてほしい」という要請がありましたが、応じてもよいのでしょうか。「休業日には年休取得の余地がない」という話を聞いたことがあります。【熊本・T社】

A

義務ないが振替も可能

 年休の発生要件(6カ月継続勤務、8割出勤)を満たした場合、初回(6カ月後)は「10労働日」の年休が付与されます。年休残日数を保有する従業員は、「時季を指定して」有給の休暇を取得します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月1日第3075号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ