自宅待機で出勤率は? 年休付与に8割必要 規律違反の懲戒処分前

2016.09.05
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 私傷病で数カ月間休職した従業員がいて、まもなく年休付与の基準日が到来しますが、過去1年間の出勤率が8割以上になるか微妙な状況です。なぜなら、規律違反で「自宅待機」を命じた期間が1週間ほどあるからです。この期間は、出勤率の計算上、どのように取り扱うべきでしょうか。【岩手・T社】

A

分子・分母から除外を

 年休権が発生するのは、6カ月間継続勤務し、前6カ月(最初の6カ月が経過後は1年間)の出勤率が8割以上であることです(労基法39条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月5日第3079号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ