1カ月年休取り月給減る? 所定労働日数支払う 公休日を除いて日割按分

2013.02.25
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年休の残日数すべてを消化する目的で、1カ月前に退職を申し出た者がいます。1カ月に1日も出社しない形になりますが、丸1カ月分の給与支払いが必要なのでしょうか。「所定労働日に対して年休賃金を支払えば足りるので、公休日を除き、日割按分で月給を減額する」という考え方は成り立ちませんか。【熊本・G社】

A

「通常の賃金」なら同額に

 年休は「労働義務のある日についてのみ請求できる」(平3・12・20基発712号)ので、所定労働日数が21日の月であれば、請求日数のマックスは21日です。

 一方、欠勤控除の計算をする際、「労働日按分」と「暦日按分」の2とおりの考え方があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月25日第2910号16面 掲載
ページトップ