早帰り実現に計画年休か プレミアムフライデーで

2017.03.16
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社で、「プレミアムフライデー」の導入を検討しています。本社と工場で一斉に、というわけにもいかないのと、早帰りを勧めたとしてもどこまで効果があるかは疑問です。年休には計画的付与という仕組みがありますが、たとえば午後3時以降、時間単位年休を一斉に付与することはできるのでしょうか。【東京・R社】

A

時間単位は請求が前提 始業終業繰上げにも課題

 プレミアムフライデーとは、経済産業省が主唱する働き方改革の取組みで、月末金曜日、終業時刻を15時として早帰りを促す制度、とされています。2月を第1回としていて、対応策に工夫を凝らす企業が続々と現れています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月15日第2278号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ