移籍出向させ年休付与日は? 入社日など3パターン 残日数そのまま保持させる

2013.06.03
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、改正高年齢者法に合わせ、関連会社への転籍制度を整備しているところです。移籍出向の場合でも、定年時の残年休日数はキャリー・オーバーさせる方針です。今後の年休付与の基準日について、①移籍前の基準日、②移籍日、③移籍後6カ月経過日等の案が考えられますが、いずれが妥当でしょうか。【神奈川・I社】

A

定年前と同じ扱いも

 まず、再雇用・移籍者の年休取扱いについて、基本事項を確認しましょう。定年退職者を引き続き嘱託として同一会社で使用する場合、退職金の清算にかかわらず、勤務年数を通算するのが原則です(昭63・3・14基発150号)。

 在籍出向の際も、出向元の勤務期間を通算して年休を付与します。しかし、移籍出向に関しては、「出向元との労働関係は消滅し、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月3日第2923号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ