時間単位で計画年休? 業務忙しく1日取れず 労使協定締結できるか

2013.05.06
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、ゴールデン・ウィーク中、休日と休日の谷間の出勤日を年休の計画的付与の対象とし、休暇の長期化を図っています。しかし、業務の都合で、どうしても年休を取れない従業員がいます。フル出勤の必要はないため、年休の時間単位付与を使って、対応できないかという意見が出されました。時間単位の計画年休という協定も認められるのでしょうか。【茨城・N社】

A

請求するよう打診を

 年休の時間単位付与・計画的付与は、ともに過半数労組(ないときは過半数代表者)との労使協定が前提条件となっています。

 時間単位付与(労基法39条4項)については、「労働者が時間単位で請求したときは、年休を与えることができる」という表現が用いられています。一方、計画的付与(同条6項)に関しては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月6日第2919号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ