定年後の年休は何日に? 60歳で子会社転籍したら

2016.01.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 60歳で定年退職後、本社で引き続き勤務する者もいれば、子会社で継続雇用される者もいます。年休の扱いですが、次の付与基準日には、勤務期間はそれぞれ継続したものとして年休を付与するのでしょうか。一方、例えば55歳の時点で在籍出向させ、60歳に到達した段階で転籍させるような場合にはどう扱うべきでしょうか。【群馬・W 社】

A

継続勤務とみるのは困難 在籍出向期間あれば通算

 60歳以上の高年齢者雇用確保措置について、高年法9条では継続雇用先として「特殊関係事業主」で雇用することも認めています。特殊関係事業主とは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月1日第2249号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ