年休管理簿で一括管理? 4月から調製が必要か

2019.04.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年次有給休暇の管理簿は4月以降、調製が必要になるのでしょうか。当社では、勤怠の管理簿で年休の取得日数などを把握管理しています。年休管理簿を新しく作成して、一括管理する必要があるのでしょうか。【山梨・B社】

A

必要事項出力できれば可 付与基準日以降が対象に

 使用者は、労基法39条5項から7項までの規定により年次有給休暇を与えたときは、時季、日数および基準日を労働者ごとに明らかにした書類を作成しなければならないとしています(労基則24条の7)。

 対象となる年休は、①労働者が自ら請求したもの(使用者が時季変更権を行使したものを含む、5項)、②労使協定に基づき計画的付与したもの(6項)、③新設された使用者が時季指定したもの(7項)です。

 記載が必要な「日数」には、半日単位で取得した回数および時間単位で取得した時間数を含むとしています。時間単位年休は、③使用者の時季指定の方法としては認められていませんが、管理簿で取得状況を管理する必要があるということになります。

 年休に関する規定は、2019年4月施行です。ただし、「5日の時季指定」は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月15日第2328号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ