「夏休み」に年休前倒し? 入社6カ月以前の社員 計画付与で一斉付与を予定

2018.06.22
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 「働き方改革関連法案」では、年休の付与義務強化もうたわれているようです。当社では、年休の計画的付与の利用を検討していますが、新規入社者の取扱いで質問があります。夏休み(入社6カ月以前)に計画付与する場合、新入社員の年休はまだ発生していません。この場合、後から付与される年休の一部を「前渡し」で消化させるといった対応が可能なのでしょうか。【栃木・H社】

A

5日超の繰上げが必要

 現行法では、年休の取得方法として①本人の時季指定と②計画的付与の2種類が定められています。改革関連法では、③使用者による時季指定(5日分)を追加する予定ですが、①②により取得した分は「5日」から差し引き可能です。

 ②計画的付与を実施する際に、新入社員を対象として「前倒し」付与できないかというご質問ですが、関連する解釈例規をチェックしましょう。

 まず、昭29・6・29基発355号では「継続6カ月間の期間満了前に年休を与えることは、何ら差し支えない」と述べています。それでは問題解決かというと、検討すべき点が残っています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月25日第3166号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ